スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<裁判員裁判>「責任取ってから死んで」裁判員発言 被告「死刑にして」に(毎日新聞)

 ◇強盗致傷罪

 大津地裁で26日開かれた裁判員裁判で、強盗致傷罪などに問われた被告が「死刑にして」と繰り返すのに対し、裁判員が「責任を取ってから死んでください」と発言する場面があった。

 起訴状によると、住所不定、無職の松下宏被告(65)は01年9月、滋賀県内のパチンコ店で男性店長(当時57歳)に包丁を突き付けて全治10日間のけがをさせ、現金約117万円を奪ったとされる。被告は25日の初公判で起訴内容を認め、「死刑にしてください」と発言。26日の被告人質問でも弁護人、検察官に「生きていたくない」「今すぐ殺してほしい」などと答えた。

 男性裁判員が「被害者に弁償する気はありますか」と質問。松下被告が「生活保護で返す」などと答えたため、「死刑を望みながら、弁償するというのは矛盾している。全額返済し、責任を取ってから死んでください」と言って質問を終えた。検察側は懲役7年を求刑し、結審した。【前本麻有】

裁判員裁判で初の1審破棄 判決後、被害者の一部と示談(産経新聞)
自公会談 口蹄疫特措法案不調なら赤松農水相不信任決議案 28日に内閣不信任案で協議(産経新聞)
元税理士の男を不起訴=元妻の娘との婚姻届提出―神戸地検支部(時事通信)
<暴行容疑>西宮市職員を逮捕 タクシー運転手殴る 兵庫(毎日新聞)
運転手が死亡ひき逃げ 1時間後に現場戻り逮捕(産経新聞)

臓器提供の意思、約半数が「決まらず・不明」―1000人アンケート結果(医療介護CBニュース)

 7月の改正臓器移植法の全面施行に向けて、臓器移植の普及啓発を行う団体が20歳代から60歳代の男女1000人を対象に実施したアンケート調査によると、臓器移植に「非常に関心がある」か「やや関心がある」人が58%と過半数を占めたものの、自分自身が提供する意思があるかどうかについては、半数近い48%が「決まっていない・分からない」と答えた。

 アンケートを実施したのは、移植学会や移植コーディネーター協議会など、臓器移植の関連団体などでつくる「Gift of Lifeプロジェクト委員会」(委員長=寺岡慧・日本移植学会理事長)。全国の20-69歳の1000人を対象に今年4月、▽臓器の移植や提供への関心度▽認知度▽意思表示方法の認知▽自分自身の意思保有の有無―など17項目をインターネットで調査した。

 その結果、臓器移植に対しては57.5%の人が「関心がある」と答えたものの、周囲の人と話すことがあるかについては、「話したことはない」が45.8%、「話したことはあるが、ふだんはあまり話さない」が52.6%となった。

 臓器提供の意思表示の方法としてどのようなものを知っているかでは、「臓器提供意思表示カード(ドナーカード)」と答えた人が86%に上ったが、「インターネット登録」は2%にとどまった。同委員会では「インターネット調査で、日ごろからネットに親しむ人ですらこれだけの数字。一般にはほとんど認知されていないと考えられ、非常に問題」と分析している。

 また、臓器提供する意思の有無があるかどうかでは、「意思を持っている」の26.6%に対し、「決まっていない・分からない」は48.1%と倍近くになった。「決まっていない・分からない」に、「考えたことがない」の25.3%を合わせると、7割強が臓器提供に対する意思表示をしていないことになり、ドナーの増加には依然として高い壁があることをうかがわせる結果となった。


【関連記事】
臓器移植・提供の普及啓発促そう―「Gift of Lifeプロジェクト」発足
臓器移植ネットに「思い切った普及啓発活動を」―省内仕分け
医療従事者にも十分な普及啓発を―臓器移植・普及啓発作業班
ドナーカードの様式変更案を了承―臓器移植委
医療従事者への「親族優先提供規定」周知に学会活用へ―改正臓器移植法

<架空発注詐欺>容疑で全日空子会社元社員を逮捕(毎日新聞)
狭山事件 検察側が証拠開示…取り調べテープなど36点(毎日新聞)
「関西広域連合」設立同意案の提出見送りへ(産経新聞)
"体制維持こそ重要” 崩れつつある米の対中戦略(産経新聞)
<訃報>八角道夫さん86歳=元新和海運社長(毎日新聞)

「迷子」→「拾得物」→「脱走」…お騒がせクジャクを再捕獲 千葉県警八千代署(産経新聞)

 千葉県警八千代署は、10日、同署から逃げ出したクジャク(オス、体長90センチ)を再び捕獲した。

 同署によると、同日午前6時50分ごろ、八千代市萱田の畑で、近所の男性から「クジャクがいる」との通報があり、駆けつけた署員がビニールハウスの中にクジャクがいるのを発見、網で捕獲した。クジャクはケガもなく元気な様子だという。発見された畑は署から500メートルほど離れた場所。

 クジャクは体の模様などから、約40キロ離れた茨城県神栖市の会社社長のものとみられる。同署に対し、男性は「4月末に飼っている3羽が逃げ出した。2羽はすぐに捕まえたが、まだ1羽が見つかっていない」と話しているという。クジャクは同日午後にも引き取られる予定。

 行徳野鳥観察舎(同県市川市)の担当者は「一般的に、クジャクは遠くまで移動しない。神栖市で逃げ出したものが、誰かに捕まり、移動先で再び逃げ出したのかもしれない」と話している。

 クジャクは6日午前、同市大和田新田の住宅で同署が捕獲。拾得物としてイヌ用のおりにいれて保管していたが、8日午後、テレビ局の取材中に暴れ、弾みで入り口のフックが外れて逃げ出していた。

【関連記事】
歴女の心つかめる? イカール星人が「箱館奉行所」復元をPR
米ジョージア州 刑務所をたばこが吸いたくて脱獄
10人で厳戒の中、脱走ニホンザルを公開 上野動物園
野球観戦で引退…朝青龍だけじゃない横綱の不祥事
逃亡サル、好物の食パンで無事捕獲 名古屋・東山動物園
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

強風 100畳大凧が横転、露店直撃 1人軽傷 愛媛(毎日新聞)
別れさせ屋と元夫を提訴 殺害された女性遺族(産経新聞)
とろける食感「オリーブ牛」出荷へ 小豆島(産経新聞)
鳩山首相「批判は私が受ける」(時事通信)
首相動静(5月4日)(時事通信)

毒ギョーザ事件、容疑者特定の経緯など詳細に説明 日中警察会議で中国側(産経新聞)

 東京で開かれている中国製冷凍ギョーザ中毒事件に関する日中警察の情報交換会議で、中国公安省側が警察庁に対し、呂月庭容疑者を犯人と特定するに至った経緯や犯行状況など、中国国内での捜査状況について詳細に説明したことが22日、分かった。

 警察庁の安藤隆春長官が、同日の国家公安委員会後の会見で明らかにした。

 中国側は日本側に協力も要請。安藤長官は「細かい、詰めた協議が行われた」とした上で、「今後も日中間で緊密な連携を図って事案の全容解明に向け、双方で努力していく必要がある」と述べた。

【関連記事】
中国毒ギョーザ 容疑者は待遇不満で工場と係争中
毒ギョーザ事件 中国側と情報交換会議 警察庁、犯行状況の食い違いなど説明求める
【週末に想う】毒ギョーザ「容疑者逮捕」の怪 小林静雄
毒ギョーザ逮捕 「おれがやった」で特定 自宅で妻にうっかり漏らす
日中関係にらみ…今が「適切なタイミング」? 毒ギョーザ逮捕
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

山崎さん搭乗シャトルが帰還態勢に 周回軌道を離脱(産経新聞)
脅されてコンビニ強盗…恐喝ばれて少年逮捕 栃木(産経新聞)
「経歴傷付いては」東大の不正調査で虚偽報告(読売新聞)
【高速道路新料金】馬淵副大臣「充分に説明すべきだったが」(レスポンス)
首相動静(4月21日)(時事通信)

日医会長、自民参院候補の推薦取り消し提案へ(産経新聞)

 日本医師会(日医)の原中勝征会長が、20日に開かれる日医の政治団体「日本医師連盟」(日医連)の臨時執行委員会で、日医の代表として夏の参院選比例代表に出馬を予定している自民党の西島英利参院議員(62)への推薦を取り消すよう提案することが16日、分かった。関係者によると、日医執行部は了承しておらず、異例ともいえる「会長提案」になるという。

 西島氏の推薦は、日医連が昨年1月に機関決定した。しかし、民主党支持を明確にして新会長に選出された原中氏は、かねて西島氏の推薦撤回の考えを表明していた。

 関係者によると、原中氏は日医執行部に対し、西島氏の代わりに民主党から出馬予定の医療法人理事長、安藤高夫氏(51)を推薦する意向を示したという。

 ところが、執行部内では、鳩山内閣の支持率が急落していることを踏まえ、民主党支持に全面的にかじを切ることには反対意見も強い。このため、執行部提案ではなく、会長独自の提案として西島氏の推薦取りやめを日医連に諮ることになった。

 原中氏が西島氏の推薦見直しを強硬に進めようとする背景には、「自民党支持団体の象徴とみられてきた日医を切り崩したい民主党の小沢一郎幹事長の強い意向がある」(日医関係者)とされる。

 ただ、日医内には、民主党支持へのシフトを進める原中氏への不満が根強く、日医連で西島氏の推薦取り消し提案が可決されるかは不透明。会員からは「原中氏が強引に進めようとすれば組織が分裂する」との懸念も出ており、今後の対応によっては原中氏の求心力が急速に低下する可能性も指摘されている。

【関連記事】
石原知事「大事なことはストップ・ザ・民主」
民主有力筋が激白…小沢は無類のカジノ好き、合法化加速
舛添氏、東国原知事と会談も“ピリピリムード”で取材拒否
政治主導確立法案 野党の追及の的に
郵政改革案 岸博幸氏「民業圧迫は許されない」
外国人地方参政権問題に一石

主力製品ネスプの適応追加を発表―協和発酵キリン(医療介護CBニュース)
家族5人刺され、1歳女児死亡…容疑の男逮捕(読売新聞)
精神医学 裁判員向け初の用語集出版(毎日新聞)
発掘調査事務所燃える=国指定の鴻臚館跡−福岡(時事通信)
戸惑い広がるジオス受講生「受講料納めたばかり…」(産経新聞)

宮乃餅、復権 お土産ショップで一番人気 製造元も「予想外」 栃木(産経新聞)

 宇都宮市のアンテナショップ「宮カフェ」(同市江野町)で、かつては宇都宮の土産物の定番だった和菓子「宮乃餅(みやのもち)」が、意外な人気を集めている。同店1階の土産品ショップ「@miya」では、1200はあるアイテムの中で売り上げ1位に輝いた。この結果に、店側も製造元も「全く予想していなかった」とうれしい悲鳴を上げている。

 「宮乃餅」は、もち米や水あめ、グラニュー糖からつくる「求肥もち」の和菓子。柔らかい口当たりで、素朴な甘さが口いっぱいに広がる。明治天皇に献上されたほどの有名な和菓子で、約20年前までは「宮の土産は宮乃餅」と言われるほど、宇都宮の土産物の定番だった。

 だが、「冷凍ギョーザ」や「かんぴょうパイ」といった新たな土産物の登場で、定番の座を譲り、次第に隅に追いやられていた。「宮カフェ」を訪れる20〜30代の若い世代には「宮乃餅」を知らない市民も多いという。

 「@miya」が、昨年11月のオープンから先月末までの売り上げを集計したところ、同店が取り扱う1200アイテムの中で、「宮乃餅」が売り上げ1位に輝いた。1カ月に100〜150箱は売れているという。購入層は50〜60代の地元女性が多いとみられるが、口々に「懐かしい」「昔よく食べたわね」と言いながら、自分用や土産用に買っていくという。

 「宮乃餅」の製造元の「池田屋」(宇都宮市)はこの人気ぶりに「全く予想していなかった。何かの間違いではと思ったほど」と驚きを隠さない。

 「@miya」の佐藤智也店長も「宇都宮の野菜や洋菓子が主力商品になると思っていたので、この結果には驚いている。だが、市民が宇都宮の良さを再発見してくれているようでうれしい」と話している。

【関連記事】
人気上々! ご当地B級グルメ「おつけだんご」がコンビニデビュー
本わらび餅「吉水園」 弾力 甘み 繊細な「和」が心地いい
新名物ロールケーキ「お役所仕事」 たらい回しは禁止
七転八起「命あればこそ」 話題のたこ焼き屋さん
あぶり餅「かざりや」 香ばしい一口サイズの厄よけ
外国人地方参政権問題に一石

<手塚治虫文化賞>マンガ大賞に山田芳裕さん「へうげもの」(毎日新聞)
がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬(医療介護CBニュース)
東北新幹線八戸−新青森駅間で試験走行始まる(産経新聞)
【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(2)(産経新聞)
浅田選手ら招き春の園遊会(時事通信)

<交通反則切符>バイクに持ち去られる 静岡・富士宮市で(毎日新聞)

 静岡県警富士宮署は10日、富士宮市内で交通取り締まり中の警察官が持っていたバッグが、道交法違反の原付きバイクに引っかかり、そのまま持ち去られたと発表した。バッグには交通反則切符の控え2枚と未使用切符約15枚が入っていたという。

 富士宮署によると、9日午後4時15分ごろ同市山宮の市道で警察官3人が男2人乗りの原付きバイクを発見。停止させるため駆け寄った際、男性巡査(26)が手に持っていたバッグのベルトが引っかかった。パトカーで約100メートル追跡したが、見失ったという。

 バッグは黒色で縦20センチ、横30センチ、厚さ4〜5センチ。切符には違反者の氏名や住所などが記され、押印もあった。同署の伏見豪次長は「大変遺憾。発見に全力を挙げている」と話した。【竹地広憲】

<麻薬取締法違反>MDMA密輸で米海兵隊員を書類送検(毎日新聞)
「米国に過剰に遠慮」=普天間移設、政府を批判−社民・照屋氏(時事通信)
<みんなの党>参院選比例に前杉並区議を擁立(毎日新聞)
<陸上>高校駅伝優勝のケニア留学生、退学処分で帰国へ(毎日新聞)
仙谷国家戦略担当相 「次期衆院選で消費税アップ掲げる」(産経新聞)

福岡発砲 西部ガス支社に脅迫文など届く(毎日新聞)

 福岡市東区東浜1の西部ガス関連会社ビルで6日夜にあった発砲事件に絡み、西部ガス北九州支社(北九州市小倉北区)に今年2月、脅迫文と銃弾が送りつけられていたことが捜査関係者への取材で分かった。同社はそのころ、北九州市若松区にLNG(液化天然ガス)の受け入れ基地の建設を発表しており、福岡県警は工事の下請け参入などを巡って暴力団とのトラブルがなかったか、捜査を進めている。

【関連記事】事件:西部ガス関連ビルに発砲

 西部ガスが北九州市若松区に建設を予定しているLNG受け入れ基地は総額700億円のビッグプロジェクトで、今年6月に着工し、14年11月の運転開始を目指している。

 建設工事の概要は2月に発表されたが、捜査関係者によると、発表と前後するころ、西部ガス北九州支社に銃弾1発と脅迫状が郵送されてきたという。

 西部ガスを巡っては、07年2月26日に北九州市小倉北区の同社北九州支社が入居予定だったビル、同月28日にも福岡市博多区千代の本社が入ったビルに銃弾が撃ち込まれた。

 一方、6日夜の発砲事件の現場となったビルは西部ガスグループの不動産管理を担う「西部ガス興商」が所有。8階建てで、西部ガスと関連会社計5社が入居している。

 県警によると、撃ち込まれた銃弾は5発とみられ、正面玄関のガラス扉を貫通し、階段に薬きょうが数個落ちていた。6日午後10時50分ごろ、従業員が発砲音を聞き、直後に黒っぽいウインドブレーカーに白いフルフェースのヘルメットを着用した人物がバイクに乗って北に走り去るのを目撃していた。県警はこの人物が銃撃したとみて行方を追っている。

【関連ニュース】
福岡発砲:西部ガス役員宅近くに数個の薬きょう
嘉麻の建設会社銃撃:怖い、住民おびえる 「子ども巻き添えが心配」 /福岡
絶て!暴力:1800人不屈の行進 暴追総決起大会 参加者3倍 北九州
絶て!暴力:「早急に発砲犯検挙を」 北九州市長、県警に「注文」 /福岡
福岡市長:独自の暴排条例、早期制定目指す /福岡

「冷泉家 王朝の和歌守」展 京都文化博物館 日本人の美意識に触れる(産経新聞)
<強盗>新婚旅行資金奪われる 路上で28歳女性 北九州(毎日新聞)
黄元書記、招聘 動かぬ拉致問題 日本政府の思惑は、前向きアピール(産経新聞)
住宅支援機構が認可額を上回る債券を発行(産経新聞)
宇宙へ夢広げたシャトル=山崎飛行士が日本人最後☆2(時事通信)

<橋下知事>豊中市長と“和解” 大阪空港跡地利用で協議へ(毎日新聞)

 大阪(伊丹)空港の廃港を提唱する橋下徹知事と、存続派の地元・豊中市の浅利敬一郎市長との会談が5日、府庁で実現した。「存続」「廃止」は互いに譲らなかったが、浅利市長は廃港後の跡地利用のあり方については、協議に応じる意向を示した。「冷戦」は事実上終結したものの、浅利市長が廃港を認めないまま「廃港後」を議論するという不可解な“和解”となった。

 会談は、橋下知事側からの申し入れで実現し、約50分間、報道陣に全面公開された。

 浅利市長は、市の政策プランを踏まえ「10年間はしっかりと伊丹を活用したい」と当面の方針を示すと、知事が「10年以降の廃港は考えられないのか」と詰め寄った。浅利市長は「10年間は積極的に生かしていきたい」と明言を避け、議論は平行線をたどった。

 この後、知事が「伊丹が衰退して活性化できなかった場合、予備として跡地利用も考えた方がいい。(空港の地元である)北摂地区全体で検討できないか」と水を向けると、浅利市長は「何も議論に参加しないと言う訳ではない」と述べ、知事の提案に歩み寄った。

 知事は会談後、報道陣に「伊丹跡地を考えるスタートが切れ、非常にうれしい」と胸を張り、戸惑う地元市長を押し切った。【佐藤慶、山口朋辰】

「1年前のあの男…」店主忘れず、寸借詐欺再び(読売新聞)
<訃報>等々力達さん83歳=元三洋電機専務(毎日新聞)
広報などに若手起用=谷垣自民総裁(時事通信)
米政府、シュワブ沿岸案主張=「交渉、非常に厳しい」−官房長官(時事通信)
<舞妓>「仕込みさん」通信制高校に入学 京都・五花街で初(毎日新聞)

築地市場の移転関連予算、予算特別委で可決(読売新聞)

 東京・築地市場の移転問題を巡って審議を続けてきた東京都議会の予算特別委員会は28日未明、移転関連予算を含む中央卸売市場会計予算案を可決した。

 30日の本会議で予算が成立する見通し。

 第1党の民主党が移転関連費のうち、用地取得費約1260億円を削除する修正案を提出する意向を示していたが、民主、自民、公明の3党が共同提案した「現在地再整備の検討結果を知事が尊重する」などとする付帯決議を盛り込むことで賛成に回った。

首相「数日のずれ、大きな話でない」 普天間政府案の月内とりまとめ(産経新聞)
トキ2羽、本州と佐渡往来=新潟(時事通信)
門前払い避けた米政府 「継続使用」伝達のタイミング計る 普天間移設問題(産経新聞)
<性同一性障害>手術ミスで和解 説明の不備認める(毎日新聞)
「中国製」ぬぐえぬ不安、管理強化求める声も(読売新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
債務整理 無料相談
探偵
主婦 お金
自己破産
selected entries
archives
recent comment
  • <裁判員裁判>「責任取ってから死んで」裁判員発言 被告「死刑にして」に(毎日新聞)
    カナ (08/26)
  • <裁判員裁判>「責任取ってから死んで」裁判員発言 被告「死刑にして」に(毎日新聞)
    リア充 (05/12)
  • <裁判員裁判>「責任取ってから死んで」裁判員発言 被告「死刑にして」に(毎日新聞)
    ほんてり (01/19)
  • <裁判員裁判>「責任取ってから死んで」裁判員発言 被告「死刑にして」に(毎日新聞)
    リンデル (01/13)
  • <裁判員裁判>「責任取ってから死んで」裁判員発言 被告「死刑にして」に(毎日新聞)
    道隆 (01/03)
  • <裁判員裁判>「責任取ってから死んで」裁判員発言 被告「死刑にして」に(毎日新聞)
    サキューン (12/29)
  • <裁判員裁判>「責任取ってから死んで」裁判員発言 被告「死刑にして」に(毎日新聞)
    リョータ (12/25)
  • <裁判員裁判>「責任取ってから死んで」裁判員発言 被告「死刑にして」に(毎日新聞)
    晶太郎 (12/20)
  • <裁判員裁判>「責任取ってから死んで」裁判員発言 被告「死刑にして」に(毎日新聞)
    きんちゃん (12/16)
  • <裁判員裁判>「責任取ってから死んで」裁判員発言 被告「死刑にして」に(毎日新聞)
    ちょーたん (12/11)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM